こんにちは

今年もあと10日・・・

大掃除は終わりましたか?

1年の締めくくりの大掃除ついでに

モノの見直しも一緒にしてみてくださいね!

必要のないモノは

今年中に思い切って手放してしまいましょう!

手放せは新しいコト・モノが入ってきますよ


さて、家事効率を上げるために

皆さんは何か工夫をしていますか?

私はグルーピングをしています

例えば「パン焼きセット」

パン4.jpg

このカゴの中には

ホームベーカリーにパンの材料をセットする時の

材料が入っています↓

パン2.jpg

・強力粉

・砂糖

・塩

・ドライイースト

・スキムミルク

・計量カップ

・計量スプーン

・デジタルスケール


このように容器にはラベルを貼って

分かりやすくしておくとGood!

パン3.jpg

パン焼きセットの出来上がり!

パン4.jpg

使う時にカゴごと出してきて

使い終わったら指定席に戻して終わり

パン1.jpg

あちこちから集めてくる手間がなくなり

片付ける時も簡単ですね


他にも家事の時短につながる

「アイロンがけセット」

・アイロン

・アイロン台

・当て布

・しわ伸ばしスプレー

を一緒に収納

アイロンセット.JPG

 

冷蔵庫の中では

「味噌汁セット」を作っておけば

お料理の時短につながります

味噌汁セット.JPG


いつも一緒に使っているものをまとめておく

「グルーピング」

是非やってみて下さい!

***********************************

◇コラム執筆者◇ Re-style代表 伊藤朋美

HP Re-styleホームページ

ブログ 産休・育休ママのための整理収納&インテリアコーディネートレッスン 

立冬を過ぎ、寒い日が多くなってきましたが
風邪などひいていませんか?
 
体調管理が難しい季節の到来ですが
乗り切りましょうね!


さて、年間100件以上のお宅に伺っている私ですが

お客様に良く相談されるのが

「書類の整理」について



オフィスではない「家庭」においても
紙類は意外と沢山入ってきます

例えば
ダイレクトメールやチラシ
区市町村、自治会からのお知らせ
クレジットカードの明細
領収書、医療明細
保険、税金関係の書類
説明書や保証書 などなど・・・

子育て中のママさんでしたら

お分かりになると思いますが

子供が生まれると加わるのが

保健所、保育課等からの通知
保育園からのお知らせ
子供が描いた絵などの作品等

ついつい手に取りたくなる
育児関連の情報紙や冊子
育児グッズの通販雑誌
離乳食などのお料理本などなど

子どもを持つと更に上乗せされていく紙類

1枚1枚は薄い紙でも
集まるとかなりの量になります

書類が整理されていないと
探すことに時間がとられ
ストレスも増加しますよね←良いこと全く無し!!

紙類こそ、大掃除前に整理しておきましょう!

きちんとファイリングができる人は
今まで通りで良いのですが
ファイリングが苦手な人におすすめなのが
ファイルボックスと個別フォルダーです

★ファイルボックスとは?(無印良品のHPにリンクします)
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315734528

ファイルボックスは
究極の面倒くさがり屋さんにとって嬉しい
「ざっくり収納」が可能になります。

書類を種類別にざっくり分け
分けた数分のファイルボックスを用意します。

例えば6種類に分けたら6個購入
1)保険関係
2)行政関係
3)住宅関連
4)保育園、育児関連
5)領収書
6)その他

6個のファイルボックスにラベルを付けて
決まった場所に投げいれる。
それだけでもOKです。

図1.jpg
 

家のあらゆる隙間に詰め込んで
どこに置いたか忘れてしまう事態を防ぐことができ
はるかに探す時間が短縮できます。


図2.jpg


もうちょっと仕分けできる人は
個別フォルダーを使いましょう。
個別フォルダーはオフィスでは多用しますが
家庭においても大いに使えますよ!

★個別フォルダーとは?(LOHACOのHPにリンクします)
http://lohaco.jp/product/276832/?int_id=variationitem_variationitem

1山の個別フォルダーは上に引き上げると
パカッと開いて中身が見やすいので
蛇腹式になっているフォルダーよりおすすめです。

見出し部分に書類の名前を書いて使います。
例えば上記の1)保険関係でしたら
・生命保険
・医療保険
・車両保険
・学資保険
といった感じにファイルボックス内に
4つの個別フォルダーを入れて
タイトルを書いて管理します。

 
001.jpg


イメージが沸きましたか?

ピンときた人は
ファイルボックス&個別フォルダーで
書類をスッキリ整理してみてください!

***********************************

◇コラム執筆者◇ Re-style代表 伊藤朋美

HP Re-styleホームページ

ブログ 産休・育休ママのための整理収納&インテリアコーディネートレッスン 


あっという間に秋が深まり

朝夕は肌寒くなってきましたね


みなさん衣替えは終わりましたか?


クローゼットの収納相談で良くあるのが

「服を立てて収納してみたがすぐに倒れてしまう」

「引き出しにピッタリの仕切り収納が見つからない」

というお話

 

そんな時はご自宅にある

紙袋を使って仕切り収納を作ってみましょう!


【紙袋で仕切り収納を作る手順】

1.引出しのサイズに合う紙袋を探す

紙袋1.JPG

■ポイント

・収納する服のサイズも考慮してマチのサイズをえらびましょう

・出来るだけしっかりした紙質のものがオススメ


2.引き出しの深さに合わせて折り目をつける

紙袋2.JPG

■ポイント

・引出しの深さマイナス5cm位にするのがベスト


3.取っ手(紐)を外す

紙袋3.JPG


4.折り目に合わせて折り込む

紙袋4.JPG

■ポイント

高さがある紙袋の場合は三つ折りにすると強度が増します


5.しっかり折り目をつけて完成

紙袋5.JPG


仕切りボックスを使うメリットは

立てて収納した服が崩れにくくなることです

まずはこのやり方が続くか

お手持ちの紙袋で試してみることをオススメします


紙袋はいつか型崩れしますので
お試し期間中に引出しサイズにぴったりの

仕切りボックスを探しておきましょう


【我が家のお試し期間中の事例】

1.シーズンは夏

奥に冬物、真ん中にオールシーズン着られるもの、手前に夏物

仕切り1.jpg


2.シーズンは秋

↓手前の夏物と奥の冬物を入れ替え

仕切り2.jpg


3.現在
引き出しにぴったりサイズの収納を発見!
仕切り.JPG


手前 CD BOX (3COINS) リンク先★
中央 A4ファイルBOX (3COINS) リンク先★


【紙袋収納Before→After】

クローゼットに限らずあらゆる引出しに有効です

Before

引出しbefore1.JPG

After

引出しafter1.JPG


Before

引出しbefore2.JPG

After

引出しafter2.JPG


ご自宅にある紙袋を有効に使ってみてくださいね


***********************************

◇コラム執筆者◇ Re-style代表 伊藤朋美

HP Re-styleホームページ

ブログ 産休・育休ママのための整理収納&インテリアコーディネートレッスン 


季節はすっかり秋

毎年9月は残暑が厳しいイメージですが

今年は涼しくなるのが早い気がします


この季節、悩むのは毎朝の洋服選び


我が家はクローゼットに オールシーズンの服が

全て入るように枚数を絞って収納しているので

衣替えをしていません!

というお話を5月のブログでもお伝えしましたが

「ここに入る分だけ所有する」を意識すると

衣替えしなくて済む=季節の変わり目でも

お洋服を選ぶのが楽になります

図1.pngのサムネイル画像


とは言っても

「これ以上服を減らすなんて無理~」

「そもそも収納スペースが少ない...」

という声も聞こえてきそうですね^^;


主婦向けのあるアンケートによると

衣替えが「好きではない」 「どちらかといえば好きではない」

と回答する主婦が約6割だそうで

「衣替えは自分ひとりでする」の回答が7割


衣替えは、いまだ多くの家庭で

主婦の作業になっていることがわかります


衣替えをしないクローゼット作りをお勧めしますが

スペース的に無理というお宅も多いと思います


であれば...

家族を巻き込んでしまいましょう!


■家族を巻き込む環境作り

衣替えをする時に家族の手を借りれば

衣替えに対するストレスや作業負担が軽くなります


まずはパートナーに協力要請です

「どこにしまえば出し入れしやすい?」

と聞いたことがありますか?

使う本人の意見を取り入れたり

収納に関して積極的に

コミュニケーションを図ることがおすすめです


例えばこのような相談


相談:夫が帰宅後、服をリビングに脱ぎ散らかします

    どうしたらいいですか?

回答:今の収納場所は適切ですか?

    玄関からリビングまでの間に「身支度コーナー」を作りましょう


夫の身支度コーナー

身支度コーナー1.JPG

↑下段はお子さんのおもちゃ収納

背が高い旦那様のために上段を身支度コーナーにした例です


洗い替えのハンカチやティッシュ

お財布や通勤用バックなども置けるコーナーをつくりました
身支度コーナー2.JPG

 

旦那様の希望を聞きながら作った収納コーナーは

この形をキープできているそうです



お子さんも3歳くらいから

自分の意見を言えるようになりますので

一緒に場所決めや作業ができますよ


我が家の子供服収納はこの引出しですが

子供服.jpg


「ここはスボン!」

「くつしたはここがいい!」

などと、子供の意見を聞きながら

収納場所を決定↓

子供服2.jpg


子供服の収納は大人以上に余裕を持ってがポイント!

きゅうきゅうに詰めてしまうとうまく出し入れできません

このくらい余裕を持って↓

子供服3.jpg


我が家の場合

子供服だけは衣替えしていますが

上の子がサイズアウトして着られなくなった服を

布製のボックスに入れて

下の子用に保管しています

子供服4.jpg

 

使う時期を逃さないようにするために

ラベルは必須

「100㎝秋冬」とサイズを書いても良いですし

いつごろ着られるか?を想像しながら

ラベルを付けましょう

子供服5.jpg

我が家のスタンバイボックス↓

子供服6.jpg

「保管」になるので棚の上に収納しています


ママだけが作った収納ルールは

なかなか家族に把握してもらいにくいものなので

ルールや環境を作る段階から家族の参加を促すことで

普段の収納にも協力してもらいやすくなるのです

 

本人が決めた場所、収納方法にすると

取り込んで畳んだ服を収納にしまう

お手伝いをしてもらえる流れもができます


例えば家族分のボックスを用意して

洗濯物はそのまま家族別のカゴに仕分けして投入


畳んで収納する作業をそれぞれに任せるのも

グッドアイディアですね!

洗濯物.jpg


今年の衣替えは是非

家族で楽しみながら取り組んでください!


***********************************

◇コラム執筆者◇ Re-style代表 伊藤朋美

HP Re-styleホームページ

ブログ 産休・育休ママのための整理収納&インテリアコーディネートレッスン 

こんにちは。

暦の上では秋ですが、残暑が厳しいですね。

こうも暑いと家の片付けなんて・・・

と思いがちですがそんな時は

冷蔵庫の整理はいかがでしょうか?


まずはご自宅の冷蔵庫を開けてみて下さい

Bofore

冷蔵庫整理収納0.jpg

こんな状況になっていませんか?

詰め込みすぎは庫内の冷気の

循環を悪くしますので効率が下がります

電気代を安くするためにも

70%収納が理想です


70%収納とは目安として

大き目のお鍋が1つ余裕で入れられる空間がある

をイメージしましょう

こちらの写真は50%収納↓

冷蔵庫整理収納.jpg


手順としては

まず冷蔵庫のモノを全て出し

賞味期限切れをチェックします

長期保存がきく調味料は

意外と期限切れが隠れていたりします


そしてざっくりで良いので

ゾーン分けをしましょう

例えば

1)ストック品

2)使用中のモノ

3)ほぼ毎日使うモノ

4)買ってきたモノ

5)残りモノ

6)調理したモノ

と、自分のルールで決めていきます

冷蔵庫ゾーン分け.jpg

あまり細かくしなくても良いのですが

守っていただきたいのは

ほぼ毎日使うモノは

一番取り出しやすい場所に配置

すること


ゾーン分けするだけでもスッキリして

格段と冷蔵庫が使いやすくなりますよ


更にレベルアップしたい方は

グルーピングに挑戦しましょう!

グルーピングとは

一緒に使うモノをまとめて収納すること


例えばこちら↓

Before

図4.jpg

毎朝パン食で

マーガリン、チーズ、ジャムを

同時に取り出すお宅の場合

まとまっていないと取り出すのに時間がかかります


このようにトレーにまとめておけば

出し入れが簡単になりますね

冷蔵庫整理収納G.jpg

     パン食セットのグルーピング


そしてそのトレーの指定席を決めれば完成!

After

図3.jpg


いつも一緒に取り出すモノは

トレーやカゴなどにまとめておきましょう


100円ショップに冷蔵庫用の

取り出しやすい取っ手のついたトレーや

カゴなどがたくさん売られていますので

チェックしてみてください


普通のカゴでももちろんOK

ラベリングをしっかりしておけば

中に何が入っているかこ分かりやすいですね

冷蔵庫整理収納1.jpg


ぜひ挑戦してみてください!


***********************************

◆コラム執筆者◆

Re-style代表 伊藤朋美 

Re-style公式HP http://re-style-t.com/

ブログ 産休育休ママを応援する★整理収納レッスン

こんにちは

関東でもそろそろ梅雨明けが発表されそうな気配がしますが

まだまだジメジメした日が続いてますね


そんな時期は「湿気の多い場所」の

見直しをオススメします


湿気が多い場所の1つが洗面脱衣室 

みなさん洗面脱衣室には何を収納していますか?


洗面所.JPG


タオルや洗剤、ボディーケア用品など...

狭い洗面脱衣室でも

複数の種類のモノが置かれていますよね


過去お伺いしたお宅を参考に

「洗面所に溢れているモノ」をランキングすると・・・


1位 洗剤やシャンプー、ボディーソープなどのストック品

2位 化粧品や化粧品のサンプル類

3位 タオル類

洗面所10.pngのサムネイル画像


詰め替え用の洗剤は2個セットで売っていたり

まとめ買いすると少し安くなったりしますので

お得に弱い人はストックが多い傾向です


美容に関心が高い人は

化粧品やボディーケア用品がやたらと多かったり

化粧品のサンプルがどっさりあるお宅も多いですね


そして タオル類

来客がほとんどない家なのに

何十枚も出てくるお宅、結構あります


みなさんのお宅はどうでしょうか?


洗面所にモノが多いお宅には共通点があります

「家事を頑張っている人」


この写真を見て下さい↓

洗面所11.jpg

洗剤のストックが多いですね

家族の為に洗濯洗剤を使い分けたり

お風呂掃除をしっかりやりたいから

何種類も洗剤を持っている など・・・

「家事を頑張っている人」の特徴とも言えます


【持ちすぎないための2つのポイント】

をお伝えします


もったいない=使わないこと

もう使わないのにまだ残ってるから捨てるのはもったいないと

ついついとっておいてしまう人

使わないことがもったいない!使ってあげて下さい

そして使わないモノには思い切ってさようならしましょう



②ここに入る分だけ持つを意識する

安いからと思って買ったモノが

かえって「良く使うモノの出し入れをしにくくしている」

ことが実は多いです

せっかくのスペースを無駄使いしていませんか?


このような形状の洗面化粧台の場合

Before

洗面所0.JPG


あらかじめ「〇〇はここにしまう」と

指定席を作り

このカゴに入る分だけを意識しましょう

After

洗面所9.JPG



【空間の上手な使い方】

も事例でご紹介しましょう


①開き戸タイプの収納を引出風に使う方法

Before

洗面所1.jpg

After

洗面所2.jpg


100円ショップで売っている

この字棚2つとカゴ4つを利用して作った収納です

カゴを手前に引き出せば

奥のモノまでさっと取り出せます

洗面所3.jpg


②高さのある収納庫の使い方

洗濯機回りには掛けて収納した方が良いものも多いです

このようにタオルバー(突っ張り棒でも可)を

上手に活用してみるのもおすすめです

After

洗面所8.jpg

↑カゴを使って「ここに入る分だけ」を

意識することも大切


③入れるモノを意識して区切る収納法

この写真を見ると

上の空間がもったいないと思いませんか?

Before

洗面所5.jpg


この字棚を使って空間を2つに分けました

After

洗面所12.jpg

この時に意識してほしいのが

入れるモノの高さを考えながら空間を区切ることです

洗面所13.png


洗面所に限らず色々な場所で応用できます


天候が不安定でお出かけが出来ない日に

是非、できるところから整理してみてくださいね


***********************************

◆コラム執筆者◆

Re-style代表 伊藤朋美 

Re-style公式HP http://re-style-t.com/

ブログ 産休育休ママを応援する★整理収納レッスン


こんにちは

今週は梅雨の中休みでしたが

ムシムシと湿度が高い日が多かったですね


湿度が高い時期に気を付けなければいけないのが

キッチン回りの食品収納です

キッチンの食品庫にはダニが寄りやすいという話

聞いたことありますか?

もし食品(お菓子や乾物、粉モノ)を

輪ゴムで止めるだけ、ピンチで止めただけ

だったとしたら危険です

ダニが侵入しているかもしれませんよ


と、ちょっと怖いことを言ってしまいましたが

家族の口に入る食品の管理には

気を付けたいものですね


我が家は調味料、乾物、粉モノは

開封したら冷蔵庫で保管しています

冷蔵庫に入らないモノは

しっかり密閉できる容器を使っています

⑤.JPG


密閉容器を写真でご紹介します


■粉物、乾物用容器


透明の容器で、しっかり密閉でき

ふたが開け閉めしやすいものがおすすめです

④.JPG

IKEA 365+  


IMG_7130.JPG

TAKEYA(タケヤ化学工業)フレッシュロック


どちらも1個1,000円以下で購入できます


中に何を入れたか分かりやすくするために

ラベリングが必須ですよ

⑥.JPG


↑ラベルはマスキングテープでも作れます

色柄豊富なので自分好みに仕上げられます。

「ほんだし」もローマ字で書くとオシャレ度アップ!


 

引出しに収納する場合は

このように↓ふたの上にラベルを貼りましょう

⑦.JPG


小麦粉など、最近の粉モノは

ジッパー付きが多いので

わざわざ移し替えなくても良いのでは?

と思いがちですが

透明容器に移し替えるメリットは


①残量が記憶に残りやすくなり、買い忘れや買いすぎがなくなる


②1パック分丸々入る容器にすることで「ここに入る分だけ買う」

 という意識が働き、無駄なストックがなくなる

⑧.JPG

③デザインを揃えることで見た目もスッキリ

 キッチンが気持ち良い空間に

⑨.JPG


■調味料用容器

パッケージデザインや形がバラバラだと

雑然と見えてしまいます。


Before

①.jpg


容器のデザインを揃えるだけですっきりしますね


After

②.JPG ③.JPG

KEYUCA


ご紹介した容器は私にとってベストなものですが

皆さんにとって使いやすいかは分かりません


毎日使うものは使いやすくないと意味がありませんので

ネットで買う前に、お店で実物に触れてみてください


実際に蓋を開け閉めしてみて

ご自分に合った容器を見つけてくださいね


***********************************

◆コラム執筆者◆

Re-style代表 伊藤朋美 

Re-style公式HP http://re-style-t.com/

ブログ 産休育休ママを応援する★整理収納レッスン


こんにちは

気持ちの良い季節ですが

夏日のように暑かったり肌寒かったり

この時期は着る服に迷いますね

我が家は早々に衣替えをしましたが

皆さんのお宅は終わりましたか?


キッチン収納の続きを書く予定でしたが

衣替えの季節なので

今回はクローゼット収納について書きたいと思います


我が家は数年前から

大人の服は衣替えをしていません

というのは大人の服って意外と

オールシーズン着られるものが多いですよね

例えばレディース服でいうとキャミソールやカットソー

メンズ服で言うとTシャツなど


衣替えは年にたった2回ですが

その2回すら面倒と思った私がとった行動は・・・

着ていない服は思い切って処分して

お気に入りの服だけが並ぶ心地よいクローゼットを目指そう!

=衣替えせずに今着たい服をサッと取り出せるクローゼット

を目指そう!と・・・

まずは目標を明確にしました

t02200332_0800120611838947110.jpg


お気に入りの服が並ぶクローゼット

=『マイ・セレクトショップ』

とも言い換えられます


皆さんのお宅のクローゼットには

何年も着ていない服はありませんか?

着ていない=着たくない理由がある服

でもあります

例えば、ちょっと肩回りだけキツイとか

袖口だけチクチクして着心地が悪いなど

何か理由があるケースがほとんどです


マイセレクトショップにするために

最初にやっていただく作業は

「全部出す」です↓

全部出す.JPG

 

服を1つ1つ手にとってみて

着ない理由は何なのか?を考えてみてください

あらゆる理由が出てくると思いますよ


ここでポイントが1つ!

「高かった服は捨てられない」

という人へのおすすめ考え方です


服は何のためにありますか?

服は着るためです

着ていない服の価値はいくらでしょうか?

着ていなければ価値はゼロですよね

手に取ってみて大切と思える服を残し

そういう気持ちにならない服は手放すという

自分の気持ちに素直に従う選択方法でももちろん良いのですが

もし、感情の動きをあまり感じられない

ときめきってなに?と思う現実主義の方は

「今の自分にとっての価値はいくらか?」

を計算してみて判断する方法がおすすめです


着ていない服をクローゼットに

残してそのままにすることは

服を大切にしていないことと同じです

着ないのであれば

着てくださる方の元へ送り出しましょう!

送り出し方はご自分が納得いく方法で


例えば近所のリサイクルショップを利用しても良いですし

最近では服をリユースしてくれる団体もたくさんあります

「服リサイクル」「服リユース」と検索してみると

あらゆるリサイクル・リユースをしてくれる

お店や団体を見つけることができます

わざわざ足を運ばなくても

段ボールに入れて送るだけで買い取り金額を査定してくれたり

必要な人の元へ届けてもらえるサービスが充実してきました

是非、自分の考えに合い利用しやすいサービスを

1つ2つ見つけてみて下さいね


before この収納以外にも服があふれていたお宅

クローゼットビフォー.JPG

after お気に入りの服だけになりスッキリ収まりました

クローゼットアフター.JPG


みなんのお宅には服が何枚くらいありますか?

1人で管理できる服の枚数は100枚程度

と言われています


服の枚数を決めてキープするのは

難しいと思いますので

服の枚数を増やさない工夫

とっても簡単な方法をお教えします


①ハンガーにかかる分だけ持つ

IMG_8158.JPG


②引出しに入る分だけにする

図1.png


③仕切りボックスに入る分だけにする

IMG_8159.JPG


クローゼットがキュウキュウで

衣替えに四苦八苦している方は

是非、枚数を決めて増やさない工夫

をしてみてくださいね


引き出しを開けることすら面倒という方におすすめの

収納グッズはこちら

ハンギングタイプの収納です

イメージ.JPG


重さのあるモノには不向きですが

軽いセーターやバック

帽子やストールなどの小物などの収納に便利です


ハンギング収納を使った事例です↓

before

クローゼット1.jpg

after

クローゼット2.jpg


これから衣替えをされる方は

是非ご自分の服の見直しをしてみてくださいね

服が減れば春夏秋冬すべての服が収納に収まり

衣替えをしなくて良いクローゼットになるかもしれませんよ

 

***********************************

◆コラム執筆者◆

Re-style代表 伊藤朋美 

Re-style公式HP http://re-style-t.com/

ブログ 産休育休ママを応援する★整理収納レッスン


こんにちは。

桜の季節はあっという間に過ぎ去り

新緑が綺麗な季節の到来ですね


寒さが和らぐ季節は

お片付けにも最適な季節

と言われています


先送りにしていたご自宅の整理を

是非この時期に始めてみてください


前回に引き続きキッチン収納のお話です


吊戸棚や高いところの収納には

あまり使わないモノを詰め込みがちです

↓↓

DSC05086.JPG


 

背伸びしなくても手が届く場所であれば

「使いやすい収納」に変化させることができます


自分の目線より高い場所

モノを収納する時は

取っ手付き収納がお勧めです

図5.png


例えば100円ショップでも手に入る

吊戸ストッカー

図2.jpg


高い所のモノは段ボールなどの

大きな箱にまとめてしまうと

下ろすことが面倒になり

開かずの箱になります


吊戸ストッカー等で

できるだけ小分けにし

下ろしやすくしましょう


かごタイプや半透明タイプなど

数種類ありますので

ご自分の使いやすいと思う

吊戸ストッカーをお選びくださいね

半透明タイプ↓(取っ手がしっかりめのモノは500円前後)

図4.jpg

カゴタイプ↓(半透明もあり。108円)

図2.jpg

↑この形状の吊戸ストッカーは

重量のあるモノを入れると

取っ手の部分がぐにょっと曲がってしまうこともありますので

入れるモノによってうまく使い分けてください


中身が分かりずらい場合は

ラベルを貼って分かりやすくしておきましょう

図3.jpg


吊戸ストッカーを使って

吊戸棚が使いやすくなった事例をご紹介します


Before

IMG_4057.JPG

After

IMG_4075.JPG

見た目はちょっとした違いでも

上げ下ろしは劇的にしやすくなりました


是非試してみてください


・・・次回もキッチン収納のお話です・・・


***********************************

◆コラム執筆者◆

Re-style代表 伊藤朋美 

Re-style公式HP http://re-style-t.com/

ブログ 産休育休ママを応援する★整理収納レッスン



こんにちは。

整理収納アドバイザーの伊藤朋美です。

一雨ごとに春の気配を感じる陽気になってきましたね


春はお片付けするのにも良い季節です

前回、良く使う場所から1カ所お片付けをしてみましょう

とお伝えしましたが、やってみましたか?


良く使う場所と言えば「キッチン」

という方も多いでしょう

最近は引出式キッチンが主流になってきましたが

使いやすくなるはずばった引出し収納を

上手く活用できていないお宅を良くみかけます

例えばこちら↓

図1.jpg

鍋やフライパンが重なっていて

取り出しにくい状態になっています


このようなファイルボックス↓を使うと

ファイルボックス.jpg

(画像 無印良品 

右:ポリプロピレンスタンドファイルボックス・A4用

左:ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・A4用)


スッキリと立ち、取り出しやすくなりました

図3.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

蓋や倒れやすいボトル類も

スッキリと立てられます


フライパン・鍋スタンドはホームセンターや

ネット通販でも購入できますが

ファイルボックスは個別に出し入れができるので

汚れた時にさっと取り出し、洗えるという

メリットがあります

ポリプロピレンなので丸洗いができて便利です


こちらの写真をご覧ください↓

右奥にあるお鍋はパスタを茹でる鍋です

引出5.jpg

パスタを茹でるお鍋には

最初に何を入れますか?


お水ですよね。

ということは最初に使う場所はシンクです

ガスコンロ下から出して

3歩あるいてシンクでお水を入れ

3歩あるいてガスコンロで火にかける


たった3歩でもカットできれば家事効率が上がります

パスタ鍋に限らず茹でる専用のお鍋は

シンク下に収納するのが理想です↓

引出3.jpg


シンク下にはシンクで使うモノ

(例えばボール、ザル、洗剤の買い置きなど)

を収納するようにしましょう

当たり前の話ですがご自宅のキッチンを

改めて見てみると

「あれ?なんでこれ、ここにしまってたんだっけ?」

と思うモノが1つ2つ見つかると思いますよ。


シンク下にあった調味料をガスコンロの近くに

指定席を作ってあげたことで

驚くほど料理のスピードが上がったという話もあります

引出4.jpg


キッチンはコックピットというイメージを持ちましょう!

理想は1歩も歩かず料理ができることです!

1歩も歩かずは言い過ぎですが(笑)

理想は高く持つと良いですよ

自分のキッチンでの動きを考えながら

適切な場所にモノを配置していきましょう


・・・次回もキッチン収納のお話です・・・


***********************************
コラム執筆者
Re-style
代表 伊藤朋美

HP Re-styleホームページ 

ブログ 産休・育休ママのための整理収納&インテリアコーディネートレッスン