コンセプト

Fairy Garden

夜間でも街灯りが灯る安心・安全な街づくりとなるようにとの願いとともに、それぞれの家々に灯る温かい街灯りを妖精に例え、幻想的な妖精の庭(フェアリーガーデン)と名付けられた、ケイアイの新築分譲住宅シリーズです。

フェアリーガーデン宝木は、
公園を中心に考えられた街づくり”プロジェクト”。

ただ住宅を並べるのではなく、新しいコミュニティが生まれる場としての配慮が散りばめられています。
そのシンボルとして街の中心には憩い&遊びの公園を配し、それぞれの家々と公園をフットパスが繋いでいます。
子供達の安全な遊び場としてはもちろん、ママ・パパのふれあいの場として、コミュニティの輪が結ばれていくようにと考えられています。

街全体がつながるコミュニティ道路

※区割図は計画中のものです。変更になる場合がございます。

街の中を1つの道路でつなげる事で一体感を生み、また出入り口を限定する事で、外部の人の出入りや通り抜けの車両を抑制し、防犯効果を高めています。
また、道路の幅員は6mあるため、楽に駐車時や車のすれ違いも出来る設計となっています。

夜間に100以上の街灯りが灯る安心安全な街づくり(街灯り協定®について)

夜、暗くなっても外灯や各住戸の門灯の明かりが絶えないよう暗くなると100以上のライトが自動で点灯し、夜間でも安心して暮らせる街づくり目指しています。
街灯り協定®を設けた街では防犯効果が高まるだけではなく、街全体で光を奏でるように、幻想的で美しい景色が広がります。
家々の灯りが住まう人々を出迎え、美しい光が外観を彩り、個性豊かな街並みを演出します。

街灯り計画及び配置図は制作中のものです。変更になる場合がございます。

フェアリーガーデン宝木の分譲地内では、リズミカルに配置されたローポールにより『低重心』の灯りをつくりだすよう設計されています。適度に照らされる樹木と灯りが重なる風景は住まう人をはじめ、訪れる人々に安らぎを与えます。

豊かな自然環境と住環境の調和したロケーション

現地からほど近い距離には広大な敷地に緑豊かな景観が美しい「とちぎ健康の森」。
水辺の潤いがあり、植物園や林道の散歩道などの自然を満喫できる環境がストレスフリーな日常を提供します。